伊東温泉

10月28日から30日にかけて開発合宿に行ってきた fukunagaです。月・火お休みをもらって個人的に行ったわけですが、なぜかここにレポート書いてます。

場所は静岡の伊東温泉。開発合宿の旅館としてよく利用されている「 山喜旅館」が舞台となりました。

メンバーは8月末まで弊社で技術チームのリーダーをしていたakahige氏とその知り合いN氏と私の3人。季節外れの直射日光にやられつつも、N氏の愛車で渋滞にはまることなく旅館へ到着しました。

伊東温泉

↑ 10月末とは思えない天候とこの青空。 絶好の開発日和 ですねw

開発合宿のポイントに、「 行きの道中でアイデアを練る 」というのがあります。私は作るものを決めかねていたのですが、行きの昼食時の会話にふと出た“とある話題”から面白いアイデアがわきあがってきて、結局そのアイデアに乗っかることにしました。

そんな感じで旅館に着くなり開発開始。

開発合宿

↑当然ながら全員デュアル・ディスプレイ。私はN氏から借りました。

ざっくりとしたスケジュール(by akahige)は以下のような感じ。

初日

17:00 進捗報告

18:00 夕食

2日目

08:00 朝食

09:00 進捗報告

12:00 昼食

17:00 進捗報告

3日目

08:00 朝食

09:00 最終報告&振り返り

10:00 チェックアウト

これ以外の時間は開発、休憩、睡眠、風呂を適当に。

山喜旅館の食事

ということで、合宿の良かったことをいくつか。
- 定期的に進捗報告 をおこなったことで、他の人の反応や意見をその都度聞けるのはよい。
- 日・月・火という日程だったので、他の客がほとんどおらず集中できた。
- そういうわけで 風呂を独り占め できた。
- 他の人が黙々と作業しているのはよい刺激。
- 疑問点が即解決。
- 座椅子作業 が快適。

それとは逆に、次は気をつけたいこと、ちょっと不満だったことをいくつか。
- 寝不足等で睡眠時間が長くなった。でも睡眠は大切かと。
- 10月なのに蚊がw
- 思ったより風呂がぬるかった。

それ以外に、個人的にプライベートで開発をするときはあまりメモをとらないのですが、他の二人がアイデアや仕様をノートに書いていたので真似してみたら考えがまとまりやすかったです。

行きも帰りも渋滞にはまることなく、スケジュール通りに移動ができました。なによりこれはバイカーであるakahige氏が道を熟知していたおかげ。

日曜日の朝の富士山がとても素晴らしかったことが印象に残った開発合宿でした。写真撮り忘れましたけどね。

お世話になりました

伊豆伊東温泉の格安旅館、新鮮な海鮮料理と24時間入浴の自家源泉、温泉旅館 山喜旅館

【関連エントリー】
- FFTT : はじめての開発合宿

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
エンジニア募集中です!

私たちは新しい仲間を募集しています。