先日社内でおこなった勉強会で Twitter の Streaming API について紹介しましたので、以下にそのスライドを貼っておきます。

Streaming API はつい最近正式版となりました。ただ、全公開ステータスを取得できる firehose や Retweet に限定したステータスを取得できる retweet などのメソッドは、まだ特定のアプリケーションアカウントでしか利用できません。

しかし、Streaming API はコネクションをひとつ張れば切断されるまでリアルタイムにデータを取得することができます。従来の REST API では定期的にリクエストを投げてデータを取得する必要がありましたので、その分のコストが削減できます。

ですので、これから Twitter のデータを取得して新しいアプリケーションを構築しようとする場合は、Streaming API の利用を考慮に入れておくとよいかなと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
エンジニア募集中です!

私たちは新しい仲間を募集しています。