OpenSocial対応のガジェットを構築するうえでの悩みどころは、「テスト環境どうするの?」というところではないでしょうか。

まだ公開していないガジェットアプリケーションを Orkutのsandboxでテストするのはちょっとなぁ・・・と思ったことがある人は、ここで紹介するShindigとPartuzaを使ってみるといいかもしれません。

今回はまず Shindig について説明します。

Shindig

ShindigOpenSocial API SpecificationGadgets Specificationを実装したオープンソースのプロジェクトです。 Apache incubatorにて開発が進められています。

Shindigを使うと誰でも自由にOpenSocialガジェットをホストするサイトを構築することができます。ローカル環境に立てればテスト環境が作れるというわけです。

※ iGoogleのガジェットをいくつか試してみましたが、すべてのガジェットが実行できるわけではありませんでした。iGoogle独自のメソッドの多くは実装されていないようです。

Shindigの構成要素

  • Gadget Container JavaScript
  • Gadget Server
  • OpenSocial Container JavaScript
  • OpenSocial Data Server

導入

http://incubator.apache.org/shindig/#php

Java版もありますが、ここではPHP版で。

必要環境

  • Subversion
  • mod_rewrite
  • PHP 5.2.x (json, simplexml, mcrypt, curl)

ソースをチェックアウト

$ mkdir /var/www/shindig
$ cd /var/www/shindig
$ svn co http://svn.apache.org/repos/asf/incubator/shindig/trunk/ .

バーチャルホストを立てる

ここでは dev.shindig.jp というドメインとします。

<VirtualHost 192.168.1.142:80>
    DocumentRoot /var/www/shindig/php
    DirectoryIndex index.html index.php
    ServerName dev.shindig.jp
    AddDefaultCharset UTF-8 

 <Directory /var/www/shindig/php>
        AllowOverride All
    </Directory> 
</VirtualHost>

PECL json インストール

個人の環境にPECL jsonが入っていなかったのでインストールしました。

$ sudo pecl install json

ガジェットを実行してみる

ここまでできれば、すぐにガジェットを実行することができます。エンドポイントは、

http://dev.shindig.jp/gadgets/ifr?

です。urlパラメータを与えてガジェットを実行します。

http://dev.shindig.jp/gadgets/ifr?url=[ガジェットのXMLファイルのURL]

shindig-example.gif

↑ ドキュメントに サンプルとして記載されているガジェットを実行したところ。

このように、Shindigを使うと簡単にOpenSocial対応ガジェットをホスティングする環境を作ることができます。

というわけで、次回はPartuzaについて。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
エンジニア募集中です!

私たちは新しい仲間を募集しています。