前回はOpenSocialガジェットのホスティング環境を構築できる Shindig について説明しました。

» FFTT : ShindigとPartuzaでOpenSocialガジェットのテスト環境を構築(その1)

今回は、その Shindig を利用して OpenSocial 機能を実装している Partuza を紹介します。

Partuza

Partuza はオープンソースのSNSです。PHPで書かれています。読み方はよくわかりません。ソースをダウンロードして個人の環境に設置することで使えるようになります。ライセンスは Apache License 2.0 です。

こんなとき参考になります

  • Apache Shindigを利用してOpen Social対応SNSを作りたい
  • すでにあるSNSにApache Shindigを利用したOpen Social機能を実装したい

というわけで、早速 Partuza をインストールしてみます。ソースコードは partuza - Google Code から入手できます。

Partuza のインストール

checkout

$ mkdir /var/www/partuza
$ cd /var/www/partuza
$ svn co http://partuza.googlecode.com/svn/trunk .

バーチャルホストを設定

<VirtualHost 192.168.1.142:80>
    DocumentRoot /var/www/partuza/html
    ServerName dev.partuza.jp
    ErrorLog /var/log/httpd/partuza_error_log
    CustomLog /var/log/httpd/partuza_access_log combined

 AddDefaultCharset UTF-8

 <Directory /var/www/partuza/html>
        AllowOverride All
    </Directory>
</VirtualHost>

必要であれば

/etc/php.ini に以下の記述があるか。

short_open_tag = On

gdをインストールしていなければインストール。

パーミッション変更

$ chmod 777 /var/www/partuza/images/people

SQL実行(MySQL)

$ cd /var/www/partuza
$ mysqladmin -u root -p create partuza
$ mysql -u root -p -D partuza < partuza.sql

ここまで設定すれば、Partuza が動きます。

しかし、まだ Shindig が組み込まれていませんので、Shindig を Partuza に組み込む設定をします。

Shindig に local.php を作成

$ vi /var/www/shindig/config/local.php

local.phpファイルの中身は次のようにする。

<?php

$shindigConfig = array(
                       'people_service' => 'PartuzaPeopleService',
                       'activity_service' => 'PartuzaActivitiesService',
                       'app_data_service' => 'PartuzaAppDataService',
                       'extension_class_paths' => '/var/www/partuza/Shindig',);

Partuza の config.php を編集

Shindig が動く環境のホスト名を設定します。

$ vi /var/www/partuza/html/config.php
- 'gadget_server' => 'http://shindig',
+ 'gadget_server' => 'http://dev.shindig.jp',

ここまで設定できれば、PartuzaでOpenSocialガジェットが動くようになります。

Partuza

↑ テストで このガジェットを追加してみました。(※ このガジェットにOpenSocialの機能はありません。)

まとめ

このように、 Shindig と Partuza を利用すると、OpenSocial対応のガジェットおよびSNSの開発環境を簡単に構築することができます。興味のある方はぜひ利用してみてください。

» FFTT : ShindigとPartuzaでOpenSocialガジェットのテスト環境を構築(その1)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
エンジニア募集中です!

私たちは新しい仲間を募集しています。